函館山の尾根伝いの千畳敷から頂上をさらに遠くに駒ケ岳を見る。
ハリストス正教会
五稜郭の桜は、戦後植樹され、例年5月のゴールデンウイーク前後に満開になる。
五稜郭タワーは、平成18年(2006年)に新タワーが開業した。
函館の歴史
「ハリストス」はギリシャ語で「ギリシャ」を意味し、ハリストス正教は、カトリックから十一世紀に分裂した東方教会系のギリシャ正教(ロシア正教)を指すという。
読売新聞函館支局発行「函館歴史巡り」から
北海道あっちこっち(U)>函館
夜景ライトアップそして教会を中心とする元町の異国情緒あふれる雰囲気はよく知られている。
また、函館市内は、8月の港まつりのイカ踊りで盛り上がる。
函館山(牛が寝そべった臥牛山)の形の変化が面白い。

五稜郭は、武田斐三郎(あやさぶろう)によって設計され、安政4年(1857年)工事が始まり慶応2年(1866年)に完成した日本最初の洋式城郭である。

春の道南
西部地区へ
恵山へ